長澤まさみ主演の映画『マザー』は実話!元ネタの事件内容が悲惨すぎてヤバイ…

Pocket

スポンサードリンク

長澤まさみ主演で、2020年7月3日公開の映画『Mother マザー』

実はこの映画、実際に埼玉県川口市で17歳の少年が起こした事件が元ネタになっているというのですが。

調べてみたら、少年の生い立ちがとても悲惨で胸が苦しくなるような事件でした。
あまりに悲惨な生い立ちなため、のちに『誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』という題名で書籍化もされています。

長澤まさみ主演の映画『マザー』は実話

7月3日公開の映画『MOTHER マザー』
主演は長澤まさみさんで、阿部サダヲさんや夏帆さんなど実力派の俳優さん達が出演されます。

17歳の少年が起こした殺害事件。すべてを狂わせた彼の母親は、怪物〔モンスター〕?それとも聖母〔マリア〕だったか。

何が少年を追い込んだのか? 彼が罪を犯してまで守りたかったものとは——?

母親役に長澤まさみ、息子役に新人・奥平大兼、内縁の夫役に阿部サダヲを迎え、実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』。

映画の中で、奥平大兼さん演じる、息子の周平が、自分の祖父母を殺害するという事件を起こします。

実はこの事件、2014年埼玉県川口市で17歳の少年が実際に起こした事件で、少年の境遇がこの映画の元ネタとなっているのです。

映画『マザー』の元ネタの事件内容が悲惨過ぎてヤバイ…

2014年3月、埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害し、キャッシュカード等を奪った事件が発生。裁判で明らかになった少年の生い立ちが悲惨すぎて、当時はかなり話題になっていました。

少年の生い立ち

少年は幼少期の時に、両親と3人で暮らしていましたが、両親の作った借金が原因で一家で夜逃げをします。

母親は家計が苦しくても働かず、父親が家賃として手渡していたお金もパチンコに使ってしまうなど、かなりだらしのない生活をしていたそう。

少年が小学校に入学をすると、母は水商売を始めたのですが、ホストクラブで遊ぶようになり、ホストを追って1ヶ月も家を空けることもあったそう。

また、父親は愛人の家に入り浸り、家族の所にはほとんど帰ってこない状態でした。

少年が4年生になると、両親は正式に離婚し、母親についていくことを選びました。その頃から学校には行かなくなったそうです。

その後母親はホストと再婚

少年は両親に連れられて、各地のラブホテルを転々としました。
義理の父親は日雇いの仕事をし、その帰りを母と少年で漫画喫茶やゲームセンターで待つという暮らしをしていました。

生活費が足りない時は、ホテルの敷地内にテントを張ったり、野宿をする生活を2年以上もしていたそうです。

母や義父から虐待を受ける

少年は、母と義父の性行為を見せられたり、満足に食事を与えてもらえない等の性的虐待ネグレクトを受けていました。
また、義父からも殴られるなどの暴力を受けており、前歯が4本折れるほど殴られたこともあったそう。

13歳年下の妹を育てる

自分も虐待を受けていたり、きちんとした食事を摂れない中、母と義父の間に生まれた13歳離れた妹のために食べ物を用意したり、抱っこしてあやしたりなど、親代わりに妹を育てました。

スポンサードリンク

ちなみに映画の中でも、妹役は出てきます。少年が妹をあやす姿は、きっと胸を締め付けると思います。

13歳で自ら生活保護を手続きを

13歳になると、少年は生活保護を受けるために自ら役所に出向きます。
そのお陰で横浜市の簡易宿泊所に住むことが出来ました。
しかし、生活保護を受けることで自由な生活が出来なくなった母親は、簡易宿泊所を決めます。

母に金集めをさせられる

少年は、母や義父に命令され、親戚から金を集めていました

そのうち義父はどこかへいなくなってしまい、少年は塗装会社でアルバイトをし、家計を支えましたがすべて母親に使われてしまいます

母親の命令で塗装会社から給料の前借を繰り返しましたが、それ以上前借が出来なくなると、また一家で夜逃げをします。

母の命令で祖父母を殺害

そんな生活を続けていた少年も、とうとう精神的に追い込まれてしまいます。

母が『ばあちゃんたち殺しでもすれば金が手に入るよね』と漏らす母親に、
『そうだね』と適当に相槌を打つと、

母親は

『本当にできるの?』
『結局出来ないの?』

と迫り、

『殺して金を持ってこい』
という母親からの執拗な命令により、とうとう祖父母を殺害してしまいます。

そして現金8万円キャッシュカードカメラなどを盗み、母のもとに戻ったのですが、それもたったの3日で使い尽くされてしまいました

少年は懲役15年

結果的には少年は懲役15年を求刑され、
母親は、強盗・窃盗罪で懲役4年6月を言い渡されました。

裁判で少年は
「お金は、母とをつなぐ鎖のようなもの。判決はどうでもいい。でも、自分と同じような境遇の子がいたら救ってほしい」
という言葉を残したそうです。

事件当時のネット上の声。悲惨過ぎて辛い・・・

・判決15年って重すぎる…。
この状況みたら少年院とかじゃダメなの?

・生い立ちが壮絶すぎる。
殺害された祖父母も可哀想だけど少年も可哀想だよ

・殺人はダメだけど、情状酌量の余地しかないよね

・この母親・・・・・・何考えてるの?
完全に母親のせいだよね!

・いい親の元に生まれていたらこんな事にはならなかったね

・これ実際の話ですよね?
なんか小説を読んでるような感じになった

当時は、少年が祖父母を殺害してしまったことより、彼の生い立ちに大変注目が集まりました。その上で、懲役15年というのは重すぎるし、こういう境遇の人にこそ、少年法があるのではないかと議論がされました。

本当に、書いているだけで辛い気持ちにさせられる事件。
少年はもっと普通の家庭に生まれていたら、今では普通に社会人として働いていたはずです。

だって、こんな悲惨な育てられ方をし、あり得ない境遇で生きてきたのに、
『自分と同じ境遇の人がいたら救ってほしい』と最後まで優しさを持っていたのです。

同じ女性として、この少年の母親がしたことが本当に許せないと思いました。
育てられないのなら産まなければいいのに。

息子をこんなに辛い目に合わせて、この母親は懲役4年なんて・・・
この事件が2014年の事なので、2020年現在にはもう出所している可能性もありますよね。
こんなに腹立たしい事はないですよ。

まとめ

今回は、映画『Mother マザー』の元ネタとなった事件について内容をご紹介しました。
映画ではどのように話が展開されていくのか、少しでも明るい要素があればいいのですが・・・

見たい気持ちと、見るのが怖い気持ちの半々です。。。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする