長澤まさみがおばさんくさいのはいつから?時系列で昔の画像を検証!

Pocket

スポンサードリンク

今年33歳になった長澤まさみさん。
綾瀬はるかさんや新垣結衣さんと並びベテラン女優への道を着々と歩んでいます。

2020年は映画『コンフィデンスマンJP』『マザー』の公開が控えており、今年も大活躍されそうですね。

そんな長澤さんですが、一部では『おばさんくさい』と感じている人がいるみたいです。
今回は、長澤さんのデビュー当時から現在までの画像を振り返ってみたいと思います♪

長澤まさみがおばさんくさいと思う人が多い?

キリっとした役から、癖のある役まで幅広い役柄を演じる長澤まさみさん。
多くの人が長澤さんは美人女優という認識があると思いますが、中には『おばさんくさい』と感じる人がいるようです。

・長澤まさみのシワにおばさん感を感じる
・長澤まさみって色気のあるおばさんって感じだな
・二の腕がおばさん感でてる

なかなか皆さん手厳しいですねー(^^;
女優さんも人間ですから、年齢を重ねればそれなりに変化しますよね。

おばさんくさいのはいつから?昔の画像と比較!

今でも十分美しい長澤さんですが、昔の画像を時系列に見ていきましょう!

デビュー当時|2000年・12歳

東宝『シンデレラ』オーディションで、史上最年少でグランプリと獲得。
当時小学6年生だったのですが、ずいぶん大人びていますね!

同じ静岡県民の広瀬すずさんにも少し似ているような気がします(*^^*)

世界の中心で愛を叫ぶ|2004年・17歳

長澤さんの代表作と言えば映画『世界の中心で愛を叫ぶ』ですよね!
実はこの映画の主演は柴咲コウさんと大沢たかおさんで、大沢たかおさんが演じる朔太郎が大人になってから、過去の恋愛を振り返るというシナリオです。

長澤さんは大沢さん演じる朔太郎の、学生時代の恋人・アキを演じました。
アキは白血病を患い、亡くなってしまうのですが、長澤さんは自らスキンヘッドにするなど体当たりで役に挑んでいました。

17歳の女の子が坊主頭にするなんて、かなりの度胸がありますね。
プロ意識が凄いです!

プロポーズ大作戦|2007年・20歳

20歳の時には、ドラマ『プロポーズ大作戦』で高校生役と花嫁役を演じました。

20歳でも十分制服が似合っています♪

スポンサードリンク

モテキ|2011年・24歳

映画『モテキ』で演じた松尾みゆき役も大変好評でした。
役柄的には ” お姉さん ” 的な役で、10代の男性にも3,40代の男性にも好評な役でした。

この時も、メイクやファッションに透明感があり、特におばさんくさい感じはなく、年相応の雰囲気をお持ちだなと感じました^^

summer nude|2013年・26歳

ドラマ『SUMMER NUDE』に出演していたときの画像です。
このあたりから、やや顔の印象が変わったように感じます。

ショートボブという髪型や、メイクの仕方のせいもあるかもしれませんね。

WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜|2014年・27歳

27歳の時の画像ですが、少し年齢よりも上に見えるような気もします。
美人である事は変わりありませんが、以前より更に痩せてほっそりした印象がありますね。

一時激やせ報道も出ていたので、もしかしたらかなり疲れていたのかもしれません。

当時放送していた『笑っていいとも』に出演したときの長澤さんです。
手足がめちゃめちゃ細いですねー!!
女性は急に痩せると、肌が乾燥してシワができやすくなるので、見た目の印象も変わりやすいのです。

海街diary|2015年・28歳

映画『海街diary』では自由な次女を演じていました。
長女には甘え、末っ子になった ” すず ” には頼れるお姉さんとして接しています。

激やせしていたときより、少しふっくらした印象ですね♪

キャバレー|2017年・30歳

そして30歳の時には、舞台『キャバレー』で主演をつとめ、大胆な衣装でパフォーマンスしました。

この時の貫禄は30歳とは思えないですね!
おばさんくさいというよりは、仕事で充実した日々を送って、自身が付いたのではないかと感じました。

コンフィデンスマンJP|2018年・31歳

ドラマでも、映画でも大人気となった『コンフィデンスマンJP』!
3人組の詐欺師で、長澤まさみさんはダー子を演じています。

髪型もバッサリショートにしていますが、『モテキ』の時と違うのは男性ウケはあまり狙っていないヘアメイクという所でしょうか。

MOTHER  マザー|2020年・33歳

これから公開される映画『マザー』では、母親役を演じます。
自堕落な生活を送るシングルマザー役で、どうやら闇深そうな内容です。

『自堕落な女性』の役のせいか、メイクは薄く髪もボサッとしています。
33歳ではありますが、40歳くらいの風貌にも見えなくないですね。

まとめ

芸能界デビューから20年間の、長澤まさみさんの変化を見てきましたがいかがでしたでしょうか?
デビューしてから20代前半の、アイドル扱いされていた時の印象が強いため、
演技派女優となった今が余計に『おばさんくさい』と感じるのかもしませんね。

また、仕事を通じて色々な経験を積むことで、ゆるぎない自信を得たことも、印象の変化の一因になっているのではないかと感じます。

男性にも女性にも憧れられる長澤まさみさん。
今後の活躍も応援していきましょう!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする