テラハスタジオメンバーの発言がひどい?誹謗中傷の責任はどこにある?

Pocket

スポンサードリンク

テラスハウス出演者の木村花さんが、多くの誹謗中傷を苦にし、5月23日に亡くなりました。

多くの誹謗中傷が集まる事となった原因が、番組の制作側にあったのではないかとされており、スタジオトークもその一因だったのではとされています。

そんな中、木村花さんへの印象はすたじスタジオトークの中では良かったようですね!
今回は、様々なスタジオトークをまとめてみました。

テラハスタジオメンバーの木村花さんへ追悼コメント

山里亮太

南海キャンディーズの山里亮太が、ラジオ『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』に出演し、自身がスタジオメンバーを務めてきた恋愛リアリティ番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラー・木村花さんが亡くなったことについて言葉をのべました。

「僕もたくさんの誹謗中傷を受けてきた人間なので、自分の体の中に傷跡として刻み込まれているはずなので、その痛さはわかってる方の人間だったのに、それに気づかずに何もできなかったことは、もっともっと考えるべきなんじゃないか。何かできたんじゃないかと考えなきゃなと思っている」

「SNSってそれぞれ向き合い方がバラバラなんで、答えが出せないと思うんですね。難しいことなので」

「今回のことを受けて、自分がメディアに関わらせていただく人間で、SNSを使わせてもらっている人間、そしていち視聴者として、何をするべきなのか、そしてこれから何を考えるべきか、これからずっと一生かけて今回のことで考え続けていこうという風に思っています。難しいことなんだけど、言葉をお仕事としてさせていただく人間として、これからずっとずっと考え続けていくっていうことを思っています」

「今回のことは僕は一生思っていきます。ずっとずっと思いながら生きますし、考え続けます。それが当然だと思うので」

「改めて、木村花さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」

馬場園梓

こちらのメッセージには、
「他人事だ」
「自分の保身しか考えていない」
とのリプライがついてしまい、その後追加で下の様なコメントも出しています。

言葉の伝え方って難しいですね・・・

トリンドル玲奈

トリンドル玲奈さんは自身のインスタで追悼コメントを残しています。

この投稿をInstagramで見る

花ちゃんの訃報に関して、 何らかの方法で花ちゃんを守ってあげることができたのではないかと、心を痛めております。 そして、人が人を不用意に傷つけることなく、もっと愛のある優しい世界をつくることはできないものだろうかと、考えています。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 The death of Hana Kimura is a real tragedy and, as a member of the Terrace House team I sincerely wonder whether I could have done more to better protected Hana in some way. Also, I wonder whether it is possible for us all, off-line and especially also on-line, to create a kinder, more loving world in which we do not hurt and damage others, even inadvertently. My thoughts and prayers today are with you, Hana, and with your family and friends.

トリンドル玲奈 / Reina Triendl(@toritori0123)がシェアした投稿 –

徳井義実

以前のスタジオメンバーだったチュートリアルの徳井さんのインスタでのコメントです。

スポンサードリンク

プロレスラーの木村花さんが亡くなられました。
未来のある若者の命が失われてしまったこと、彼女の身近にいる方々の悲しみを考えると、番組に関わらせていただいている人間としてやり切れない思いでいっぱいです。

僕のように自分自身が引き起こした問題で批判を受けたりお叱りを受けたりするのはもちろん当然のことだと思います。
でも彼女は違います。常軌を逸した誹謗中傷を受けなければならないようなことはしていません。
他人に対して軽い気持ちで酷い言葉を投げつけた方々は、コメントを書いたその後、いつものように仕事をしたり学校に行ったり遊びに行ったりご飯を食べたりなさるのかもしれません。
でも、そういう言葉を受けた人は平穏な一日にはなりません。
朝起きてSNSを開くと誹謗中傷を目にする。
昼にも夜にも、寝る前にもそういうコメントを読んでしまっていたのかもしれません。
そんな日々を彼女が何日も過ごしていたのだとしたら、本当に本当に苦しかっただろうと思います。
死ぬことは誰にとっても怖いことです。
それでも死ぬことを選んでしまうほど辛かったんだと思うと言葉になりません。
彼女の気持ちに寄り添うためになにか出来ることはなかったのか自問しています。

もし今現在同じように辛い思いをしている人がいたら、すぐにSNSから距離を置いてください。目にしてしまうのと見ないのとでは気持ちはかなり違うはずです。

起こったことをしっかり受け止めて、
そして、彼女の素晴らしい才能と明るい笑顔をいつまでも忘れないようにしようと思います。

徳井さんがいた時は、山里亮太さんやYOUさんの毒舌を優しい解釈で笑いにする役割を担当していました。

視聴者の中には、徳井さんがいたら何か違ったかも・・・・

と感じている人も大勢いたようです。

テラスハウスのスタジオメンバーの発言

テラスハウスは、出演者の言動を外側から批判することが面白さに繋がっていた部分がありました。
スタジオメンバーが出演者について面白おかしく笑いにすることで、さらに盛り上がるという構図が出来ていました。

これまでの、スタジオメンバー側がどんな発言をしていたのか、調べてみました!

こちらは、番組内であるメンバーが『山チャンネルを見て、自分の悪口を書かれてショックを受けた』と泣いてしまった放送回の後の動画です。

動画の中で山里さんは下のように言っています。

・山ちゃんの母親に『結婚をして人の痛みを知る人間になったと思ったのに』と言われた。
・” 泣くならやるなやるなら泣くなSNS “
・「聖南はよかったなぁ」と卒業した出演者と比べる

うーん、確かに番組を盛り上げるための発言とは言え、泣いてしまった出演者が見たら更に傷ついてしまいそうな内容ですね。

視聴者も、スタジオトークについては様々な思いがあったようです。

他にも

・徳井がいなくなって山里の毒舌が中和されない
・スタジオトークのたたきが酷すぎて今のテラハは見ていてしんどい

ただ、SNSの使い方に関して、時々助言の様な注意喚起がされていました。

SNSで安易な攻撃をする前に考えてください!プロレスと同じ。
「こんな技避けれるでしょ」 、じゃなくて、「 スゲーな!今の。」と楽しむ!

・『今だー!やれーー!』と嚙みつく号令かけますので!それまでは我慢してて。

出演している人も、視聴者もどちらも「ヤバいな」という感覚は持っていたという事ですね。

誹謗中傷の責任はどこにある?

テラスハウス出演者への誹謗中傷の責任を問う声が多く聞こえてきます。

・番組制作側
・スタジオメンバー
・誹謗中傷した本人

などなど。

個人的には、どこか一箇所だけに責任がある訳ではないと思います。

一番大きな責任は、番組制作側にあると思いますが、そのような番組を作らなくてはいけなくなった色々な背景もあるのでしょう。
スタジオメンバーも、おおよその台本がある中での発言をしていたと思います。

一視聴者の私たちは、テレビ放送されている番組は、何かしらの「意図」があって編集されているという事を忘れずに、情報を受け取ること。
また、SNSで自分が何か発言するときは、人を傷つける可能性があるという事を十分理解して、SNSを使っていかなければと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする