多摩川で50人BBQ!主催者男性の自己中・身勝手さに批判の声が殺到!

Pocket

スポンサードリンク

5月4日放送の『とくダネ!』で、多摩川河川敷で50人もの人がバーベキューを楽しむために集まっている様子が放送されました。

インタビューを受けた主催者の男性は、
・強制的に集めたわけではない
・ガス抜き
・マスクうっとおしい
など、自分を正当化するような発言をしていました。

このインタビューを見た視聴者からは『自己中』『身勝手』という声が上がっています。

多摩川でBBQ!50人の参加者

4日放送のフジテレビ系『とくダネ!』で、多摩川河川敷で50人もの大人数でバーベキューをする人達が取材されました。

インタビューに応じた主催者の男性の様子↓

スポンサードリンク

・社会人サークルで、タイムラインに書いたら集まった。強制的な集まりではない
・感染に対する不安は、正直実感ない
・電車で毎日通勤してて、マスクをしなくても満員電車の中でコロナになってない。
マスクはうっとうしいからしない
・なるんだったら俺がなった方がいいかなくらい
・警察にも言ったし国土交通省にも言った。『自粛ってどういう意味ですか』と言って納得させた。

インタビューを受けた男性の発言をまとめると、自己中心的で身勝手な考えをしている部分があるなと感じました。

また、インタビューでなぜBBQをやろうと思ったのかを聞かれた場面で

ガス抜きですね。
報道でコロナで亡くなってる人はよく報道されるけど、『コロナうつ』っていうか、リストラ、倒産、破産で僕の友達は1か月で12名亡くなってるんです。

と発言。

これには、友人が12名も亡くなったなんて嘘ではないか?と見ている人も多いようです。

もし本当に友人12名が亡くなっていたとしたら、外で遊ぶ気持ちなんて1mmも出てこないと思うのですが・・・

主催者男性の発言が身勝手、自己中との批判が殺到!

主催男性の発言について、憤りを感じる人が多く表れています。

・医療機関の人はこんな人達でも治療しないといけないんだから、内心腹立たしいだろうな。

・ここでクラスターが起こらないことを祈ってます。

・週1スーパー以外ほんとに自粛してる私が馬鹿みたい。

・ただの自分勝手なのによくここまで正当化できるな

・周りの人が自粛をしているお陰で感染してないだけなのに

日本中が ”今年のゴールデンウィークは外出の自粛をしよう!” と一人一人の意識を高く持って努力しているのに、それを無駄にするようなことをする人がいるのは本当に腹立たしいですよね。

自分たちはコロナウイルスの症状が出なかったとしても、他人に感染させる可能性は十分にあるはずです。

また、『ガス抜きのため』『警察にも国土交通省にも言った』『マスクしなくても罹らないからマスクしない』など、自分たちの行動を正当化するような発言をしている部分も批判が大きくなった原因だと思われます。

医療関係者のためにも外出自粛を

長い自粛生活が続く中、ストレスが溜まって外に遊びに行きたい気持ちは凄くわかりますが。

みんな同じ気持ちで過ごしているんですよね。

バーベキューや海岸での感染リスクは、問題になっている狭い居酒屋やキャバクラなどに比べたら高くはないと思います。
でも、『症状が無いだけで感染している可能性がある』事を考えると、やはりむやみやたらに外出するのを控えようと思っている人が大半なのではないでしょうか?

医療現場で命がけで働いてくれている人達や、スーパーやコンビニで日々の私たちの生活を支えてくれている人達の事を考えると、外出自粛で感じるストレスなんて取るに足らないと思うのです。

『自分はかかってもいい』と遊び歩く人達。本当にもし感染したら、それを治療するのは、日々命がけで働いている医療関係者の人達なんです。

遊び歩いて感染した人の治療をする医療機関の方たちの事を思うと、とても気の毒な気持ちになります。。。

まとめ

長引く自粛生活で、気分も鬱々としてしまう人も多いと思います。

色々な環境で過ごしている人が多いと思いますが、少しでも自分がリラックス出来る事を見つけて過ごしてみてください!

私は朝と夕方に動画を見ながら30分ずつくらい運動するようにしたら、気分がスッキリするようになりました!運動はお金もかからないし、習慣にしたらメリットしかないと思うので、やることが無い人は是非やってみてください!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする