トミックは頭おかしい!?料理動画が気持ち悪い&残酷過ぎて見れない…

Pocket

スポンサードリンク

UUUM所属の料理系YouTuberトミックの動画が、『動物虐待なのではないか?』と問題視されて、警察沙汰になっているようです。

私自身、このトミックという人は初めて知ったのですが、チャンネルを見てみたら登録者数が168万人とすごく人気な方なんですね!

でも、動画の中身を見てみたら、ちょっと気持ち悪すぎて見れなかったです…
こんな残酷な動画をアップロードし続けるトミックさんをなぜ事務所は止めなかったのでしょうか?

料理系YouTuberのトミックの動画が動物虐待の疑惑

YouTuberのシバターさんも自身のチャンネルでトミックさんが警察沙汰になっていることを話題にしていました。

とある動物愛護団体がYoutuberトミックの料理動画を『動物虐待なのではないか?』と警察に通報したそうです。

通報された動画はこの2本↓

死んだフリしたイセエビをデスソース風呂の中にブッこんだら予想外の動きをしたwww
元気などじょうをデスソースに泳がしたらある異変が起きた!!

※サムネイルも気持ち悪いので、動画を埋め込むのは辞めました(^^;
気になる方はリンク先で見てください。

動画を見てみたら、本当に題名の通り、生きたままの伊勢海老やどじょうを、デスソースに1晩漬けて調理していました。

もちろん次の日には伊勢海老もどじょうも死んでしまっています。
デスソースにつけた時にもがいている姿も楽しそうに笑って観察している姿が本当に残酷だなと思いました。

トミックの料理動画が気持ち悪くて残酷過ぎる・・・

トミックさんのチャンネルで動画一覧を見てみると、生き物たちが粗末にされている様子が一目で分かると思います。

トミックのYouTubeチャンネル

・ブチギレww暴れるウツボをドライアイスの上に置いたらどうなるの?
・【大事故】ハモのエラに高圧洗浄機で水をブチ込んで締めようとしたら事件発生。。
・タコのエラに高圧洗浄機で水を打ち込んだら一発で締まると聞いたので。。。
・餅つき機でタラを1時間つき続けたら最強のかまぼこが作れるんじゃね?

このように、トミックさんの投稿動画は、生きたままの魚や軟体動物を、生き物が苦しむ方法で死なせる動画ばかりです。

スポンサードリンク

最後には料理して食べていますが、生き物が苦しむ様子を笑いながら撮影している姿はとても楽しめるものではないですよね?

法律的に『虐待してはいけない動物』というのが定められています。

トミックさんが動画で使う
・魚介類
・軟体動物
は、実はその中には入っていないんですね。

だからと言って、魚やタコ・イカを苦しめるのはおかしいし、見ている人が気持ち悪い、残酷と感じる動画をあげ続けるのは、いかがなものでしょうか?

トミックは頭おかしいとの声多数

また、一番炎上している動画が、

『究極の味!!生きたスッポンを丸焼きにしたら黄金の汁が出てきた!!!』という動画で、生きたままのスッポンをオーブンで焼き、もがいて苦しむ姿を撮影したものです。

最後には、丸焼きにスッポンを食べる所で動画は終わっていました。

すっぽんって死んでしまうとすごく臭みが出るので、きちんと捌いて下処理をする必要があります。

恐らく生きたまま丸焼きにしてしまったら、かなり匂いがきつくなると思うのですが・・・

動画内では『美味しい』と言って食べていましたが、本当はどうなんでしょうね?(^^;

ただ、このトミックさんは、食べることを目的に調理をしているようには見えないので、美味しさは二の次、三の次であまり関係ないのかもしれないですね。

あまりにも残酷な動画が多いので、動画のコメント欄には批判する声が沢山寄せられていました。

・いや、こいつ考える事がサイコパス

・サイコパスは小動物から始めるらしいよ

・できるだけ苦しまないように絞めてあげて欲しかった

・頭がおかしいとしか思えない・・・

・最近のトミック残虐な感じが多くて怖い

・生きたままオーブンに入れる必要あるの?

・締められないとか責任のないことを言うなら素直に店に行け

・さすがにこれはYouTubeポリシー違反じゃない!?

このように、以前からトミックさんの動画を見て不快感を感じている人は多くいたのですが、今回の件で更に動画への苦情が増えています。

どうみても問題になりそうな動画だらけなのに、事務所はどんな管理しているのでしょうね(^^;

まとめ

今回は、動物愛護団体から通報されてしまったトミックさんのYouTube動画について記事にしました。
誰が見ても『生き物が可哀想』と思ってしまうような動画をアップしているトミックさんですが、初期の動画を見てみたら、本当に普通に魚をさばいて食べる動画もありました。


視聴者からの反響やアクセス数を求めるあまり、感覚が麻痺してしまったのかもしれませんね。

せっかくきちんと料理ができるのなら、今後は少し方向転換して、気持ちの良い動画を作ってほしいなと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする