N国・立花孝志氏の真の政治戦略とは?!簡単にわかりやすく解説!

Pocket

スポンサードリンク

『NHKをぶっ壊す!』でお馴染みのNHKから国民を守る党。

一見ヤバイ人たちの集まりのように見えますが、最近ではホリエモンメンタリストDaiGoが注目するくらい、立花さんの政治戦略が画期的だという事が分かってきました。

今回は、その立花さんの政治戦略について、簡単に理解しやすくまとめました!

立花孝志氏の政治戦略はめちゃくちゃ頭いい!

マツコ・デラックス太田光さんを攻撃したり、過激で奔放な発言のイメージで立花氏は頭がおかしいと言われてしまう事が多いが、実はすべて戦略で行っています。

それに気づいたホリエモンやメンタリストDaiGoがそれぞれのyoutubeチャンネルで解説し始めました。

もともと私はメンタリストDaiGoさんのニコニコ放送を見ていた弟子 (→DaiGoのニコニコチャンネルの視聴者のこと) だったので何で急に立花さんの話が増えたのかなーって思っていたんですよね。

でも政治にあまり興味がなかったので、立花さんの放送は見てなかったんです(^^;
ゴメンDaiGo・・

でも、たまたまホリエモンの動画で立花さんとホリエモンの対談を見てみたら、『めちゃくちゃすごい人じゃん!!』とすごく興味を持ってしまいました!

この記事では、今現在での立花さんの政治戦略を簡潔にまとめていきます。

立花孝志氏の政治戦略をわかりやすく解説!

まず、立花さんの戦略をまとめると、

①注目をあびるためにわざと炎上させる
②自分が選挙に出て当選→辞職することでN国党員を国会議員にする
③地方議員を増やし、基盤と資金を作る
④政治の実務は別の人がやる

それぞれ詳しくみていきましょう!!

①注目をあびるためにわざと炎上させる

立花さんは、マツコ・デラックス東京MX東国原英夫をyoutube上で叩いたり、youtubeで自分の恋人を紹介するなど、今までの政治家では考えられないことを数えきれないほどやっています。その度に、

『政治家がなにやってるの?』
『この政治家やばいな・・』
『ちゃんと仕事しろー!!』

と、大炎上してきました。

でもこの一見ヤバイ行動は、すべて注目を集めるためのもので、本当に頭がおかしくてやっていたわけではなく、悪い印象でもいいからとにかく『N国』『立花孝志』という存在を知らしめるために計算しつくされた行動だったのです。

『悪名は無名に勝る』を字で行った感じですね。

でもやっぱり、初めて立花さんの政見放送を見た時は、かなりびっくりしました!!笑
NHKスタジオで『NHKをぶっ壊す!』と言い放ち、『不倫路上カー〇ックス』を何度も何度も連呼するなんて・・笑

かなり笑わしてもらいましたけど、生真面目な方が見たら『こんなヤバイやつ政治家やってちゃだめでしょ!!』と思われてしまいそうです。まぁそれが狙いなんですけどね 笑

それにしても、マツコ叩きやこの政見放送などで『頭おかしい奴』をここまで完璧に演じることが出来るなんて、立花さんの演技力素晴らし過ぎると思いませんか?

政治家引退したら俳優デビューなんかしちゃったりして・・・( *´艸`)

②自分が選挙に出て当選→辞職することでN国党員を国会議員にする

炎上商法で『立花孝志』の名を広めたら、じゃんじゃんと選挙に出馬していきます。

そして選挙で当選した場合、任期を立花さんが全うするのではなく、どこかのタイミングで辞職し、繰り上げ当選でN国党の党員を国会議員にさせます。

今回、埼玉補欠選挙に出馬するために立花さんは国会議員を辞職した訳ですが、それでN国の議席が消滅した訳でなく、次に得票数が多かった浜田聡さんというN国党員の方が国会議員に繰り上げ当選しています。

浜田さんは、立花さんの残りの任期を丸々ゲットして国会議員として活動していくことになります。

ただ、浜田さんもおそらく数か月の任期を残して国会議員を辞職し、残りの任期を更に次のN国党員に明け渡していくと思われます。

スポンサードリンク

こうすることで、N国党で国会議員経験者がどんどん増えていきます。国会議員は一度でも経験すると箔が付きますのでね!

このやり方、ルール違反でもなんでもないのですが、今まで表立ってこんな戦略で選挙を戦ってきた党ってなかったよなーと思います。

ホリエモンも立花さんとの対談でこの戦略を聞いて『頭いい!!』を連呼していました。ホリエモンが人に向かって『頭いい』なんて言う事めったにないですよ?!笑

ここからは私の想像ですけど、『繰り上げ当選』ってやむを得ない事情(当選者が亡くなるとか)があった場合に使われる仕組みであって、その仕組みを逆手にとって利用するって考えは誰も持たなかったのかもしれないですね。

または、当選しても政治家としての実務はやらずに他の党員に任せるなんて、『無責任だ!』と国民から思われても仕方ないので、それを恐れてそういう戦略はとらなかったか。

N国の立花さんは初めからクリーンなイメージが皆無なので、こちらの戦略をとることが出来てるのかなと思います。

③地方議員を増やし、基盤と資金を作る

N国党って実は地方議員の数がめちゃくちゃ多いの知ってますか?

2019/9/30現在で30名いるのですが、自由党や幸福実現党よりも多いのです。

地方議員を増やすメリットというのは、

・地方に基盤ができ、党の名前が広まる
・上納金が得られる

という2つがあります。

私はド田舎出身なのでよく分かるのですが、地方議員ってものすごい頭がいいエリートよりも、『この田舎を良くしたいんだ!』という熱い思いがあったり、小まめな活動をしている人がとても支持されるんですね。

あと、若いイケメンも 笑

で、自分の地域で頑張ってくれている政党をめちゃくちゃひいきするので、衆議院選挙・参議院選挙になったときに、迷わずその政党に投票する人が多いんです。

なので、田舎者を味方につけるのは、巡り巡って国会議席を取るときの助けになってくれるんです。

そして、次にお金ですね!

地方議員は政党交付金をもらうのですが、そのうちのおよそ10%が上納されるんですね。100万とか150万が上納されるんですよ。それだけでも年間億単位の上納金になる訳です。
それを活動資金にとして使用していくことが出来ます。

立花さんは、1日のyoutubeからの広告収入が大体100万円という事なので、上納金も合わせると単純計算で年収は4億を超えることになります~((+_+))

いやはや、やりくりがとても上手ですよねー

政治家というよりは、頭の中は経営者のようです!!

④政治活動・実務は別の人が行う

②の『自分が選挙に出て当選→辞職~』にもつながるのですが、立花さんは『選挙と政治の分離』を念頭に入れて活動をしています。

選挙は、すでに人気のある人や多くの人の心を動かす演説が出来る人、つまり、票を集めることが出来る人が行い、
実際の政治は、その道の専門家が行うという考えです。

適材適所でやっていきましょう!!という事ですね!

確かに、普通の会社だってそうですよね?

コミュニケーション能力が高くて、人を説得することが得意な人が営業マンとなり、外から仕事を取ってくる。

そして、職人気質でコツコツと実務が出来る人が、営業マンがとってきた仕事を形にする。

それが政治のこととなると、演説も出来て政治活動も出来るスーパーマンみたいな人を求めてしまう。

なかなか、両方の能力を備えている人なんていないですよ。

立花さんは、この『票を集めることが出来る人』という事で、ホリエモンメンタリストDaiGo青汁王子DJ社長など、今時代を引っ張っていってる人の名前を挙げています。

今後この方たちとの絡みも大注目ですね!

立花孝志の政治戦略まとめ

今回は、N国・立花孝志さんがどんな戦略をもって政治を行っているのかを解説していきました。

立花さんは『選挙と政治の分離』をしていくと言っています。

人を集めることが得意な人、スピーチが得意で人を引き付ける演説が出来る人が選挙に出て、実際の政治は頭のいい人に行ってもらう。

つまり適材適所でやっていこう!という戦略です。

①注目をあびるためにわざと炎上させる
②自分が選挙に出て当選→辞職することでN国党員を国会議員にする
③地方議員を増やし、基盤と資金を作る
④政治の実務は別の人がやる

立花さんの動向を見ていると、今後の政治が本当に変わっていくのではないかと思ってとてもワクワクしますね!

おそらくホリエモンをがっつり巻き込んで活動していくのではないかと思いますが、とても楽しみです♪

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする