埼玉補欠選挙はなぜ行うのか?本当の理由をわかりやすく解説!

Pocket

スポンサードリンク

埼玉補欠選挙 (=参議院埼玉選出議員補欠選挙) にN国党の立花孝志党首が出馬するという事が話題になっています。

無所属の上田清司氏(前埼玉県知事) VS N国の立花孝志氏の完全一騎打ちとなった今回の選挙ですが、そもそもなぜこの選挙をするのか、知っていますか?

『2019年7月に参議院選挙やったばっかりじゃない??』と不思議に思っている方も多いと思います。

この短期間で参議院選挙をする本当の理由がなかなかヤバイ理由なので、今回はわかりやすく説明していきます!

そもそも『補欠選挙』って何?

補選、補選と言われていますが、そもそも『補欠選挙』って何なのでしょうか?

❝ 補欠 ❞ ってつくと、なんだかあまり重要な選挙ではないように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。

普通の選挙と同じです!!

説明します。

国会議員を選ぶ選挙には衆議院選挙と参議院選挙。

それに加えて、何らかの理由で議員が辞めた場合、代わりの人を決めるための選挙が行われます。

それが補欠選挙です。

補欠と言っても、スポーツで使う補欠とは違って、

この選挙で当選すればそのままガチな議員になれるのです。

なので、今回のこの『埼玉補欠選挙』は上田さんと立花さんのどちらが参議院議員にふさわしいかを決める選挙なのです!!

埼玉補欠選挙をやることになった本当の理由

ということは、2019年7月に決まったばかりの参議院の議席に、3カ月足らずで欠員が出てしまったということなのですが、その欠員は誰なのでしょうか?

それが、現在の埼玉県知事の大野元裕氏!

大野さんは、8/5に参議院議員を辞職。

8/25に行われた埼玉知事選挙に当選し、8/31より埼玉県知事となりました。

この、
①大野さんが8/5に衆議院議員を辞職した
②埼玉県知事選挙が8/25に開催された

という2点がミソなのです。

時系列で並べてみると以下の通りになります。

大野氏埼玉知事挙の立候補を表明 2019/6/5
大野氏国民民主党に離党届を提出 2019/6/18
第25回参議院議員選挙         2019/7/21
大野氏辞職願提出            2019/8/1
大野氏辞職               2019/8/5
埼玉県知事選挙             2019/8/25
参議院埼玉補欠選挙               2019/10/26

ん・・・・?

大野元裕さん、『埼玉県知事になります!』と表明してから参議院議員の辞職願を出すまで2ヶ月も期間が空いていますね?

スポンサードリンク

7/21日に第25回参議院議員選挙が開催されているので、その前に大野さんが参議院を辞めてあげていれば、選挙に出た他の候補者が当選で来ていたわけです。

では、なぜ埼玉県知事に出馬すると表明してから2ヶ月も参議院議員を辞職せずにいたのでしょうか?

そこには、補欠選挙に出馬する上田清司氏との談合があったとされています。

上田清司氏と大野元裕氏の談合

ここで、立花孝志氏のYouTube動画で、上田さんと大野さんの談合を想像したワンシーンがあるので、ご紹介します。

上田『大野君、次の知事どうかね?』

大野『そうっすねー。僕参議院議員よりも、知事に興味があるので、埼玉県知事やりたいっすねー』

上田『じゃあ君俺がさ、君のこと応援するからさ、俺、埼玉県知事辞めたら国会議員に戻りたいんだよね。だから君が7月じゃなくて8月に辞めてくれたら10月に補欠選挙があるからさ、8月に辞めてくれないかな?その代り俺は大野君を応援するよ』

大野『あーそれいいですね。分かりましたそれでお願いします。22億円の税金が無駄に使われますけど・・・』

上田『いやそれは、別に俺たちの金じゃなくて県民の金だから気にしなくていいんだよ・・』

このやりとりがそっくりそのまま上田さんと大野さんの間でされていたかどうかは分かりませんが、密室で2人のやり取りがあったことは間違えないでしょう。

7月の第25回参議院選挙の前に大野元裕さんが参議院を辞職していれば、今回の補欠選挙はやる必要はなかったのです。

また、上田さんも参議院議員になりたければ、埼玉県知事を早くやめて、7月の第25回参議院選挙に立候補していれば良かったのです。

でも、それでは勝ち目はないと上田さん自身が分かっていたため、大野さんの県知事選を応援する代わりに、補欠選挙で無投票当選に持ち込もうとしたわけです。

この上田氏と大野氏の既得権益に殴り込みをかけたのが、N国党の立花孝志氏ということです!!

まとめ

今回は、埼玉補欠選挙がなぜ行われたのか、理由を解説いたしました。

大野さんが参議員選終了後に参議院を辞職することで、欠員を出す

補欠選挙に持ち込む

上田さんが立候補する

その代わり、大野さんは埼玉県知事選挙の時に、上田さんから応援をしてもらう。

2人の間に取引があったというわけですね。

この取引自体は違法ではありません。ですが、選挙が1回増えるだけで、税金が無駄に使われるのです!

今回の埼玉補欠選挙で使われる税金は、なんと22億550万円!!!!

埼玉県の方が収めた税金がこんな形で使われるなんて・・・・

許せない!!!

立花さんにはぜひ頑張って参議院の議席をゲットして頂きたいと思います!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする