オカモトコウキの大学・ギター・機材・身長を調査!

Pocket

スポンサードリンク

今回は、OKAMOTO’Sオカモトコウキさんについて紹介します!

OKAMOTO’sのギター担当でバンドの楽曲の9割を作曲しているオカモトコウキさん。ギターの腕前には業界内でも定評があり、sony musicが提供するオンライン講座を担当したり、関ジャニへ楽曲提供もされています。

2018年2月3日には同じ事務所ので、かつて『ねごと』というバンドでギターを担当していた沙田瑞紀と入籍。結婚して益々音楽活動に力を注いいるであろうオカモトコウキさんの出身大学使用ギター機材について調べました♪

➡ オカモトショウさんについての記事もお楽しみください♪

オカモトコウキの出身大学は?

OKAMOTO’sのメンバーは、全員私立和光学園出身者です。

スポンサードリンク

私立和光学園は、世田谷と町田にキャンパスをもつ、幼稚園から大学院までの総合学園です。『自分の頭で考え行動することが出来る人間』を育てることに重きをおいた学校なので、校風も自由で、海外の学校の様な所なのだそう。

オカモトコウキさん以外にも佐藤琢磨(レーシングドライバー)、小山田圭吾(ミュージシャン)、紅蘭(タレント、ダンサー)、柄本佑(俳優)、ハマ・オカモト(ベーシスト)も和光学園出身で、このメンバーをみると『個性を大切にする校風』というのが頷けますね。

オカモトコウキさんは高校を卒業した後どこの大学に進学したのでしょうか?

OKAMOTO’sのメンバーオカモトレイジさんが昔に書いたある記事で、レイジさん以外は全員大学に進学しているようですね。

そんなこんなで無事に高校卒業できた2009年。みんなは大学に入学。俺は念願の新宿レッドクロスでバイト開始。3月に卒業旅行と称してラキタとショウと一緒にニューヨーク、テキサス、ニューオリンズ、メキシコ、と二週間弱の旅に出る。

引用元:OKAMOTO’SヒストリーWritten by オカモトレイジ

また、オカモトコウキさん自身も大学受験に関しての思い出を語っています。

大学受験を蹴ってライブに行くなんて、ミュージシャンらしいですよね!笑

最終的にどの大学を卒業したのかは明らかにされていませんが、出身中学・高校の付属大学である和光大学に進学したのではないかと言うのが一番有力です。

また、大学在学中にメジャーデビューしたコウキさんですが、しっかりと学業と仕事を両立させて4年で大学を卒業しています。

バンド内でも秀才ポジションのようですし、音楽も勉強も真面目にコツコツ続けていることにすごく好感がもてますね!!

オカモトコウキの使用ギター・機材の紹介!

OKAMOTO’Sの曲は60~70年代に活躍したエアロスミスやリンクレイなどのロック、ファンクの影響を濃く受けたサウンドが特徴的です。そのため、オカモトコウキさんのギタープレーや、機材の組み方などもその影響がしっかり現れています。

ギター:STRATOCASTER 1964(Fender)

・Fender Custom Shop エレキギター”Time Machine 1964 Stratocaster” Journeyman Relic,Faded 3 Color Sunburst/R

ギター:SG(GIBSON)

アンプ:SUPER SONIC TWIN(Fender)

エフェクトプロセッサー:Helix Rack(Line6)

Line 6 マルチエフェクトプロセッサー Helix Rack

ギターワイヤレス:RELAY G10(Line6)

Line 6 ギターワイヤレス RELAY G10

エフェクター:M5 STOMPBOX MODELER (Line6)

【EX-1付】LINE6 M5 Stompbox Modeler

オカモトコウキさんは自宅にも作業用のスタジオを持っており、普段はそちらで楽曲作成やギター演奏をしているようです。

引用元

すっきりしていてめちゃくちゃお洒落!インテリア雑誌に出てきそうな部屋です♪

この部屋で、日々OKAMOTO’Sの曲が作られていると思うとなんだかワクワクしますね(*^^*) これからも、みんなを楽しませてくれる音楽を沢山作って下さい!!応援しています!

➡ オカモトショウさんの記事もお楽しみください♪

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!