梅宮辰夫の死去説は嘘です!ガンは克服したの?病状や余命、顔が変と言われる理由を調べました。

Pocket

『辰兄』の愛称で多くの芸能人からも親しまれて、芸能界の大御所として活躍してきた梅宮辰夫さん。以前は娘の梅宮アンナさんとテレビに出演されていましたが、最近はあまり見かけないような気もします。

最近出演したダウンタウンDXでは、以前に比べて『激やせ』と言えるくらいに痩せた姿で出演。視聴者を驚かせました。梅宮さんはガンの闘病もしていたということで、現在の病状などについて調べてみました。

プロフィール

誕生日  1938年3月11日
出生地  満州国ハルビン市
国籍   日本
学歴   早稲田高等学校、日本大学法学部中退
身長   174 cm
血液型  A型
職業   俳優・タレント・実業家
配偶者  梅宮クラウディア
家族   梅宮アンナ(娘)、梅宮万紗子(姪)、梅宮亜須加(姪)

梅宮さんは、会津出身の祖父が日露戦争で満州にわたったことで、出生地は満州国ハルビン市でした。5人兄弟の次男として生まれます。太平洋戦争が終わり、1946年に帰国。帰国後は茨城県水戸市へ移住しました。水戸市で10年間過ごした後は、親戚の近くという事で、一家は品川区戸越銀座へ移住。都内に住むようになってからは、実家が『梅宮医院』を開業しました。梅宮さんは後継ぎとして期待されていたのですが、早稲田大学医学部を受検したところ不合格となり、跡継ぎという話はなくなりました。

芸能界に入るきっかけとなったのは、大学生時代の銀座でのスカウト。1958年に東宝ニューフェイス5期生に合格しました。その翌年には、映画『少年探偵団 敵は原子潜航挺』でなんと、いきなり主演を務めました。

スポンサードリンク

新人時代はヒーロー役を務めることが多く、子供向けヒーロー映画『遊星王子』にも主演しました。
甦るヒーローライブラリ- 第15集 遊星王子 第1部 遊星王子篇 Blu-ray 

それなりに活躍していた梅宮さんでしたが、当時東映が売り出しに一番力を注いでいたのが波多伸二さんでした。しかし波多さんはデビュー作4作目で急死してしまいます。
そこで、波多さんに代わるスターの選考が行われます。その際白羽の矢が上がったのは、亀石征一郎さんでしたが、岡田茂プロデューサーが、「亀石?あいつは暗くてダメだ!梅宮がいい。あいつは仰げばどんどん上がる。ああいう奴が人気が出るんだ」と梅宮さんを猛プッシュ。以降、梅宮さんは東映東京の次世代スターとして売り出されました。

当初は硬派な役柄が多かった梅宮さんですが、私生活が派手になっていくにつれて、彼の素の部分が大いに繁栄されるであろうとプレイボーイで女性を泣かす役柄が多く回ってくるようになりました。その方針が当たり、1965年からの『夜の青春シリーズ』『不良番長シリーズ』が人気を呼び、名実どもに『東映東京の看板スター』となったのです。

不良番長 [DVD]

梅宮辰夫さんと料理

梅宮辰夫さんと言うっば、『料理』というイメージを持っている人も多いと思います。俳優として活躍してきた梅宮さんが、料理を始めるきっかけは何だったのでしょうか?

実は梅宮さんが1974年に睾丸腫瘍の診断を受けました。がん細胞は肺にも転移していたのですが、抗がん剤治療によって治癒。抗がん剤治療は副作用で脱毛が起こるのですが、梅宮さんはその脱毛が一切起こりませんでした。それには主治医も大変驚いたそうです。
副作用も起きず、無事に病気も治癒したのですが、さすがに梅宮さんも健康に気を遣うようになり、夜遊びやお酒の量も減らし、早起きをして料理をするようになりました。

スポンサードリンク

その料理の腕前も確かなもので、『辰ちゃんの料理ノート』『梅宮辰夫の魚のさばき方 (タツミムック)』など数多くの料理本も出版しています。

辰ちゃんの料理ノート

梅宮辰夫の魚のさばき方 (タツミムック)

また、実業家として商才も持ち合わせており、梅宮辰夫の漬物本舗「梅宮辰夫の炭焼き家 炎園」を展開しています。

梅宮辰夫さんの現在の病状は?

過去の病気により、料理に目覚め自身の健康管理をしっかりとしてきた梅宮さんですが、先日出演したダウンタウンDXでの姿により、心配の声が聞こえています。

がっちりとした体形が印象的な梅宮さんでしたが、『激やせ』といっても過言ではないくらい痩せていたのです。

調べてみると、梅宮さんはステージ1~2十二指腸癌を患っており、2016年11月に手術を行ったそうなのです。幸い早期発見により手術は成功しており、手術と治療により体重は10Kgほど減ったそうなのですが、予後も順調という事です。

記者会見を行った娘のアンナさんのコメントもあります。

「結論から申し上げますと今、父は元気にしております。自宅で療養しております」と語った。
正式名は「十二指腸乳頭がん」で、早期発見により手術は成功したが、「十二指腸全部とり、胆のうも摘出した」と述べた。
術後は「医師が驚くくらい経過は良好」で、「家で普通に料理作って食べてます」という。

手術が無事に成功した梅宮さんでしたが、手術を受ける前はとても不安で悩んだそうです。

医師には「僕はこの手術をして、果たして蘇生できるんですかね。手術は成功したけど後は長く続かなかったねと言われるのだったら僕はやる意味が無いと思いますよ」と相談し、
家族にも「これ以上俺が生きていると金ばかりかかるだろう。パパは何も稼いでないよな。ただ、生きていれば食い扶持もかかるし、生活費もかかるし。パパはだいたいぜいたくだから、食べるものだって安くあがらないだろうし。長生きしたほうがいいのか」と相談したそうです。

過去には『今夜がヤマ』と余命宣告されたことも

また、2018年2月にも体調不良で病院を受診し、医師から入院を勧められたそうなのですが俳優、作家でプロデューサーの安藤昇さんのお別れ会に出席するために入院日を2日間先へ伸ばしたそうなのです。

それが原因となり、肺炎、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血症、狭心症、心房細動、高血圧の8つもの合併症を起こしてしまいました。

その際には妻のクラウディアさんは、医師から『今夜がヤマ』と伝えられていたようです。

顔が変、変わったと言われる理由とは?

このように、数々の病気を乗り越えてきた梅宮さん。自身の生命力と、家族の支えがとても大きかったのだなと想像できますよね。

最近はテレビに出る機会も減っているようですが、梅宮さんの顔が変わったという噂も聞こえてきます。

上の写真は、梅宮さんが久々に公の場に姿を現した時の写真ですが、確かに以前と比べて雰囲気が変わっているような気がします。

白髪が増え、肌の色も少し白くなった印象がありますね。でも、80歳という年齢と、外出も減ったという事を考えたら、年相応のお姿なのではないか?と思います。

まだまだテレビで活躍する姿を見たいものですが、健康第一で過ごして頂きたいと思います!これからも応援しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!