め組(バンド)のメンバー紹介!女性メンバーが可愛い!

Pocket

『め組』というバンドをご存知でしょうか?

め組といえば江戸時代の消防団を思い浮かべる人や、昔ラッツ&スターが出した曲で『め組のひと』というのがありました。

そのどちらでもなく、いまジワジワど人気を集めている若手バンド『め組』について今回は紹介します!

メンバーのプロフィール

菅原達也
誕生日 8月8日
担当  ボーカル、ギター、作詞、作曲
出身  千葉県
元さよなら、また今度ねメンバー
全ての楽曲の作詞、作曲を担当している。映像編集も得意とし、バンドのPVも自身で監督を務めることもある。

富山京樹
誕生日 1994年10月23日
担当  ギター、コーラス
出身  静岡県
学歴  日本工学院専門学校卒
趣味  ボールペン
バンドでは最年少であるが、寡黙な性格でほとんど喋らない。欅坂46のファンである。

スポンサードリンク

出嶋早紀
担当 ボーカル、キーボード、コーラス
出身 福岡県
学歴 洗足学園音楽大学音楽学部、音楽学校メーザー・ハウス
クラシック出身であり、楽曲の中で使われるストリングスなどのアコースティック楽器のアレンジを担当している。2ndアルバム収録の楽曲”あたしのジゴワット”では、メインボーカルを担当している。

め組のルーツは、菅原達也さんと下山拓也さんを中心として結成されたバンド『さよなら、また今度ね』です。
『さよなら、また今度ね』は2010年8月に結成し、ロッキンジャパンなどの人気フェスに参加するなど順調に活動をしていましたが、2014年12月31日に無期限休止を発表し、2016年1月に解散しました。

無期限休止をしている間の2015年7月に菅原、富山、出嶋、下山、大熊諒を中心に『め組』を結成。

2016年2月に1stシングル「500マイルメートル/マイ・パルプフィクション」をリリースし、各地のイベントやフェスに精力的に出演しました。

2016年の7月には1stフルアルバム『恵』を発表し、9月にはTSUTAYA O-WESTで初のワンマンライブ『恵みの嫁入り』を成功させました。

2017年7月14日には「お化けだぞっておどかして」をリリースし、リリースイベントとして対バンにONIGAWARAを向かえてTSUTAYA O-NESTでの「7月のお化け屋敷は8月より怖いぞ」を成功させました。
またさらにその場で「お化けだぞっておどかして」のPVの公開、2ndフルアルバム「僕だってちゃんとしたかった人達へ」のリリース発表、バンド初となる東名阪ワンマンツアー「僕だってちゃんとしたかった人達へ~ツアーはちゃんと!ツアー~」の発表とファンにとっては嬉しい発表が盛りだくさんのイベントとなりました。

メンバー脱退の過去も

順調に活動を積み重ねてきため組でしたが、2018年5月18日に下山さん(左から2番目)と大熊さん(右端)の脱退を発表しました。

前進バンド時代から活動を共にしてきた下山さん、安定したドラムパフォーマンスでバンドを支えてきた大熊さんが脱退した理由は何だったのでしょうか?その時のメンバーのコメントがあります。

大熊諒のコメント

この度、わたくし大熊諒は、め組を脱退することになりました。これからめ組というバンドが進んでいく道、そして自分が進んでいきたい道を照らし合わせ、そして熟考した末、この結論を出すことにしました。いつも応援してくれるファンのみんなには突然の報告となり、ごめんなさい。

結成から約3年、本当に充実した、刺激ある毎日をメンバーとして過ごすことができました。このバンドで得たものはかけがえのないものであり、今後の自分のドラマー人生においても大きな糧になると思います。

スポンサードリンク

それぞれ道は異なれど、僕もめ組も前に進んでいきます。これからも大熊諒を、そしてめ組をよろしくお願いいたします。またどこかで会いましょう。3年間ありがとうございました。

下山拓也のコメント

いつもめ組を応援してくれるファンの皆さま、まずは突然の報告でびっくりさせてしまってごめんなさい。今回の脱退の理由を一言で伝えるのは難しいけれど、め組が新しいステージに進もうとしている今、メンバーとしてこのまま自分がバンドに残ることが、め組にとっても、そして自分自身にとっても本当にいいことなのか、悩みに悩んだ結果、前向きに出した結論がこれでした。要するに僕自身の力不足です。

だからメンバーのことが嫌いになってとか、め組に嫌気が差してとか、そういう理由ではないです。今でもメンバー全員を尊敬しているし、本当に変わってて、面白い人間の集まりだし、本当に好きなんです。

め組での3年間は夢のような時間だったし、たくさんの人達との出会いは僕の中で忘れられない時間になりました。

め組はこれからも大勢の人の心に響く音楽を作っていくでしょう。僕もそれが楽しみで仕方がないです。いちファンとしてこれからも彼らを応援していこうと思います。今までありがとうございました。

菅原達也のコメント

悲しいお知らせをお伝えする形になってしまって、大変申し訳ございません。

この度、ベースの下山拓也、ドラムの大熊諒がバンドを脱退します。それぞれがそれぞれの道を確実に、迷いなく、決定し、歩んでいこうと考え、この結論になりました。

下山は小1からの幼馴染みで、何か新しいことを始めようとする時、なぜか必ず彼がいました。前にやってたバンドもまず彼がいました。彼がいなくなることが決まった時、彼無しではなし得なかったバンドだとつくづく思わされました。

大熊は音楽にまっすぐで、ずるいことを一切許さない男です。その姿勢はメンバーの中でも随一。今後、彼のドラマー人生としての大成功を心から願っています。

この5人での音楽を愛してくださった皆様、このバンドを愛してるからこその、それぞれ5人の選択を、どうか許してください。

彼らがいなくなったこのバンドを、痛いと言われても、抱きしめて離さないつもりです。

このバンドと人生だめにします。

出嶋早紀のコメント

め組を好きでいて下さるみなさん、5人でのめ組を続けられなくて、本当にごめんなさい。

年月を経て、メンバー間の距離が近くなればなるほど、バンドを組み始めた頃では考えられないほどの一体感も生まれました。しかし、め組が更なるステージを目指している今、各メンバーがそれぞれの音楽への関わり方を考え、それぞれの方法を模索するようになりました。その考えをまっすぐに実現するためには、こうした形を選ぶしかないという結論になりました。

これからめ組は3人で音楽を鳴らしていきます。今後もめ組を愛してもらえるよう、これから出会って下さるかたに振り向いてもらえるよう、今の気持ち全部をパワーに変えて、音に変えて、前進していきます。

リスタートになりますが、これからのめ組にどうかお付き合い頂けたら幸いです。みなさまに恩返しできますよう努めます。突然のご報告、本当に申し訳ありませんでした。

富山京樹のコメント

今回は突然の報告で驚かせてしまってごめんなさい。これから先、5人での活動を楽しみにしてくれていた皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

5人で歩んできた3年間は何物にも代え難い、楽しく、充実した時間でした。下山さんの柔らかな人柄に救われ、大熊さんの熱いプレイヤー魂に心を打たれ、2人にたくさん影響され多くのものをもらった3年間でした。そんな2人が別々の道を進むのは寂しくもありますが、現実を受け入れ、2人を応援していきたいと思います。

め組は3人になります。不安がないといえば嘘になりますが、3人で今まで以上のパワーを蓄えて、皆さんにめ組はまだまだ大丈夫だぞと思っていただけるようバンドと向き合っていこうと思います。これからのめ組も応援してくださると嬉しいです。

不仲というわけではなく、それぞれの将来を考えての前向きな脱退だったようですね。

大熊さんは現在はフリーのドラマーとして活動しているようで、今後も活動の幅を広げていってほしいですね!

今後もますます人気が出てくること間違いないめ組。また情報があり次第追記します!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!