尾崎世界観の彼女はモデルみきてぃ?祐介は実話?身長は?

Pocket

今回は、歌だけでなくラジオや本を書いて作家としても活躍しているクリープハイプのボーカル尾崎世界観さんについて紹介します!

彼女はモデル?みきてぃ?

尾崎さんの彼女なのですが、調べると「モデル」「みきてぃ」という噂があるみたいです。でもこれは噂の域を越える情報は無くて、何かの間違いで検索されたみたいですね。

とはいっても、これだけ活躍している尾崎さんなので、モデルの彼女くらいいても全然不思議ではないです!

過去に全く女性との噂がなかったかというと、そういうわけでもなく、赤い公園津野米咲(つのまい)と噂になったことがありました。そのことについてはこちらの記事を★

また、ラジオで尾崎さんが結婚しているという噂が出ているという話題で、

スポンサードリンク

『結婚はしていない』

『3日間人と一緒に住んでいたら食事の音で喧嘩になると思う』

と話していて、かなり神経質な性格だと思われます(^^;

アーティストとして見ているのはとても楽しいと思いますが、一緒に生活するとなると心身共にへとへとになりそうなタイプなのではと勝手に予想しています、、笑

著書の『祐介』は実話なの?ネタバレ・感想も


2016年に発売された尾崎さんの著書『祐介』。少々ネタバレがありますので、見たくない方は読み飛ばしてくださいね♪

アメトーーク!の本大好き芸人の会でピースの又吉が推薦したこともあるこの本。

内容は、

尾崎祐介が尾崎世界観になるまで。たった一人のあなたを救う物語。

スーパーでアルバイトをしながら、いつかスポットライトを夢見る売れないバンドマン。ライブをしても客は数名、メンバーの結束もバラバラ。恋をした相手はピンサロ嬢。どうでもいい些細な暴力。逆走の果てに見つけた物は・・・。

尾崎さんがアーティストとして活躍するようになるまでの“半”自叙伝という位置づけで書かれています。

『子供たちを連れて動物を見に来たはずの父親が、いまでは逆に多くの見物人を集めている。自分では到底理解できないこの状況を、これについて書かれた解説も読まずに、周りに集まった見物人たちは理解できるのだろうか。そんなことを考える暇もなく、姉と二人で泣き続けた。』

『ベッドのなかで、単調な自分の動きに合わせて一定のリズムで揺れている瞳ちゃん。瞳ちゃんが会場で買ってきたTシャツをめくり上げて胸に顔をうずめる。その瞬間、ロックフェスの何倍もの一体感を感じて確かに今はつながっているなと思った。』

『色んなことにすこしずつ慣れて、ボヤけていた輪郭がハッキリと見えてくる。思い描いていた理想とは程遠いそれに絶望しながら、それでもやめられずにいた。積み重ねた時間で身についてしまった知識が怖かった。夢を追いかけていたはずが、気がつくと夢から逃げていた。』

スポンサードリンク

『確かに本気でそう思っていた。本気でプロを目指していた。それでも、長時間蛍光灯の不健康の光に照らされて茶色くなっていく紙のように、すこしずつ自分の気持ちの変化に気がついていった。いつの間にか、客の居ないガラガラのライブハウスが音楽そのものになっていた。真っ黒なフロアで、客の代わりに現実がうごめいていた。』

『それに、募金箱持って街頭に立ってる奴だってさ、本当に金を寄付したいならそんなことしないで働けば良いんだよ。その時間を使ってアルバイトでもして、そこで稼いだ金を寄付すればいいじゃない。あんなのは偽善を盾にしたタカリだよ。』

祐介が見た現実が生々しく、荒々しく書かれており、しかも最後まで救いのないまま終わるという。。読後感はあまりいいものではなさそうな本。

ファンじゃない人が読んだら『ちょっと何言ってるかわからない、、』と挫折してしまうこと間違いないですが、ファンの人は尾崎さんの独特な世界観を知ることが出来てさらに好きになったという人が多いみたいです。

プロフィール(本名、身長あり)

本名     尾崎祐介
誕生日    1984年11月9日
出身地      東京都葛飾区
身長   166cm
ジャンル   ロック、オルタナティヴ・ロック、インディー・ロック
職業       ボーカリスト、ギタリスト、小説家
担当楽器 ボーカル、ギター
活動期間 2001年-
レーベル Getting Better(2012年 – 2014年)
UNIVERSAL SIGMA(2014年 – )

尾崎祐介が本名で、芸名の尾崎世界観という名は、周りの人から「尾崎の世界観て独特だよね」と言われることが多く「俺の世界観て何だろう?」と疑問に思ったことがきっかけでつけたそうです。

周りに言われていることを芸名にするって、やっぱり独特な世界観を持ってます!

そんな独特な世界観を持っている尾崎さんが音楽を始めたのは中学2年生の時。ゆずのコピーをするところから始まります。まぁこの辺りは普通の中学生の男の子だったのだなとちょっとほっとしますね 笑

高校生になり3ピースバンド『クリープハイプ』を結成。それ以降メンバーチェンジをしながら2009年11月に現在のメンバーで本格的な活動を始めました。

バンドの活動をしつつも、高校を卒業後尾崎さんは一度就職をします。父親の影響で大の読書好きだという理由で加藤製本株式会社という製本会社で1年間働きました。

先ほど紹介した『祐介』はこの会社で製本したのだそうです!ドラマのような話。

2012年4月にメジャーデビューするまではアルバイトをずっとしていたのですが、音楽活動のことは親にはずっと隠していたみたいです。

実はバレていたけど見守っていてくれたという可能性もあるんじゃないかなーと思いますね^^

最後までお読みいただきありがとうございました♪

ROCK IN JAPAN FESTIVAL2018に出演が決まっているクリープハイプ。フェスのファッションについてはこちらの記事をお楽しみください★

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!