キリンジ弟(堀込泰行)がかっこいい!脱退理由は?現在は?結婚している?悲しい。彼女?誰?

Pocket

スポンサードリンク

今回はキリンジ初期のメンバー堀込兄弟の弟、堀込泰行さんについて紹介します!

プロフィール

誕生日   1972年5月2日
出身     埼玉県坂戸市
ジャンル ロック
職業     シンガーソングライター
学歴     亜細亜大学国際関係学部

大のホッピー好き
高校時代はフォークソング部の部長を務め、当時からプロのミュージシャンを目指していた。バンドではレインボー、デフ・レパードなどのハードロックを演奏していた。

1996年、兄の堀込高樹とキリンジ結成し、1998年にメジャーデビューを果たします。
デビュー当時からその才能が注目され、キリンジとして活動する傍ら、ソロ・プロジェクト「馬の骨」としての活動を開始しました。

スポンサードリンク

2013年4月12日、コンサートツアー「KIRINJI TOUR 2013」最終公演をもってキリンジを脱退しました。
キリンジ脱退後は他のアーティストのライブへの客演やイベント等の出演が続いていたが、2014年7月、大阪・東京で初の単独ライブを行うことが発表され、また同年11月に配信限定シングル「ブランニュー・ソング」をリリースした。

泰行さんはかっこいい?

『キリンジ 弟』で検索すると、『かっこいい』と出てくるのですが、やはり兄弟で活動していると、兄と弟どっちがかっこいい?という話になりますよね。 

kamakirionakaさん

2011/8/2817:52:37

キリンジは弟と兄のどっちがカッコイイと思いますか。

好きな曲も教えて下さい。

左が弟、右が兄ですが、どちらがかっこいいと思いますか?

キリンジのかっこいい論

周りから『かっこいい』といわれることが多いであろう堀込兄弟。その二人が思う『かっこいい』ってどういうものなのでしょうか?過去のインタビューでこのように答えている記事を見つけたので紹介します。

カッコイイ人は自分の中のプライオリティがはっきりしてる人が多いと思います。
自分の好きな事、大事な物に対して疑いを持たないというか。
何でもいいと思うんですけど。
ちなみに、下ネタに関しては僕も増加傾向にあります。
どうも、女性に大しては軽くセクハラ発言するくらいが礼儀なんじゃないかと。 言いっぱなしのダジャレも気持ち良さそうでいいなぁと感じる今日この頃です。カッコイイ大人になれたらなりたいなと思ってます。

堀込泰行

「カッコイイ大人」。どうなんでしょう。
よくわかりませんが、自己犠牲を厭わない人でしょうか。

中年になればみんな「いやらしいオヤジ」になるんです。
世の中には「ただのいやらしいオヤジ」にネチッこくあれこれされたい、という女性が少なからず存在するのです。ゆえに、ただスケベなだけのくせに「俺も満更でもないな」と思ってしまっている男性は多い。
優しいとか、渋いとか、面白いとか、服のセンスが良いとか、金離れがいいとか、そういう女性受けの良い条件を揃えたところで、「ただのいやらしいオヤジ」パワーがなければ「モテル人」にはなり得ないというのも、また真実です。あなたの知っている「モテル人」ほど、実は「ただのいやらしいオヤジ」の埋蔵量がスゴいのかもしれませんよ。

堀込高樹

この回答から、弟の泰行さんの方がモテそうな匂いがしますね~笑

脱退理由は?

20年近く二人で活動を行ってきたキリンジ。
2013年に泰行さんが脱退を表明しました。

公式サイトでは、脱退理由をこのように説明しています。

キリンジでいる時の自分は、いつもある悩みを抱えていました。ひとつは、僕がリードボーカルを担当する以外は、全て役割が同じだということ。作詞作曲、アレンジ、担当する楽器に至るまで同じなのです。そのために、音楽を作る上でのある種のややこしさと難しさを、結成の当初から抱えていました。

そしてもうひとつは、兄弟であるがゆえに、お互いを一人のミュージシャンとして尊重した上でのコミュニケーションをとることが困難であったということ。もちろん、不器用ながらお互いをケアすることもありました。しかし、これらの二つがこの度の決断の大きな理由です。

ファンからは兄弟が不仲になったのでは?という懸念もありましたが、泰行さんは兄弟不仲によるだったではないという点を強調していました。

16年も続いたのですから、兄弟として、決して不仲というわけではありません。兄と何かをするということに特別な意味を感じていましたし、ツアーに出てバンドとしてライブをやっている時は、前述のややこしさから解放される貴重なひとときでもありました。

しかしながら、こういった状況のなかで、次第にミュージシャンとして物足りなさが募っていったのも事実です。

キリンジは二人ともが詞も曲も書き、ギターも弾きますが、曲作りの主導権は兄の高樹さんが握っていたようで、泰行さんは『自分は自分でグループの役割分担に縛られずに、好きな曲を書きたいし、好きなように歌いたいし、好きなようにアレジしたい。』という思いが膨らんでいったのではないかと思われます。

弟脱退に対して兄は、、、

泰行さんの脱退に関しては、兄の高樹さん、マネージャーと何度も協議をしたうえで決定されたことだったそうです。

高樹さんは公式サイトで次のように発表しています。

この度の脱退はとても残念なことですが、彼には自身の納得いくような作品を頑張って作って欲しいと思っています。

そして、キリンジの名前は僕が引き継ぐことになりました。このグループを始めたのは僕で、これまで実際的なリーダーであったということ、また近作の延長線上でまだまだ何か面白いことが出来そうだと感じていることが主な理由です。

堀込高樹の個人プロジェクトになるのか、バンドにするのか、新たに別のソングライターやシンガーを迎え入れるのか、今はまだわかりません。もうしばらく考えます。

旅立つ弟を心良く送り出そう!そのような気持ちが読み取れるのですが、本音としては色々と思うところがあったようで、後日ファン限定のブログで胸の内を下のように吐露しています。

弟の話ばかりがクローズアップされ、自分の言い分を思った通りには伝えられなかった。今回の脱退は「旅立ち」ではなく、「両者のエゴの衝突による決裂」である。 兄弟間で技術的に大きな差があり、その差を個性としてうまく制作に取り込めれば良かったが、お互いのエゴがぶつかり合ったためそうはならなかった。
2人とも、作品が自己愛の投影対象となってしまっていた。

曲作りにおいては「頭脳明晰で、言葉選びに非凡なセンスが感じられる難解な詞を書き、複雑なコード進行でメロディーの美しい、洗練された曲を作る兄」というような兄を高評価する声が、いつもどこでもついて回りますが、その作った曲をキリンジの顔として世の中に届けるのはいつもメインボーカルの泰行さん。

お互いのやりたい事が徐々に噛み合わなくなっていたところだったようですね。

泰行さんは『KIRINJI TOUR 2013』の最終公演をもって脱退しました。

これから新しいキリンジは兄が引っ張っていきます。僕はマイナー競技でオリンピックを目指します(笑)。よかったら僕の音楽もよろしくお願いします。残念に思う人もいるかもしれませんが、2人ともミュージシャンとしてこだわりがあってのことですから、僕としては皆さんに悲観してほしくないなと思っています。ホントにどうもありがとうございました。

泰行さんの現在は?

キリンジを脱退してからは、ソロ・プロジェクト“馬の骨”名義の作品だけでなく、本名“堀込泰行”として作品を作っています。キリンジ時代から見守り続け、待ちわびていたファンの感想がこちらです。

お帰りなさい、ヤス!
何度も何度も聴きました。
ずっと聴き続けたい名盤です。

賛否両論あるようですが、私は、好きです。こればかりは、好みというか相性というか、聴いてみるしかない。言葉のチョイスとか、たまんないな~。歳とったからかな、染みるんです。毎朝、必ず聴いて出勤してます。なかなか、愛しい1日にはならないけれど。そのフレーズで、ちょっと幸せになれます。

待った甲斐がある一枚!

今後も泰行さんが作りたい音楽を作っていってほしいですね!

結婚はしている?

泰行さんが結婚しているかどうかが気になっている方も多いみたいですね。調べてみましたが、特にそのようなことは発表されていないようです。

今後も泰行さんについて情報が分かり次第追記していきます!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!