都はるみは病気?がん?現在激やせして容体は?

Pocket

スポンサードリンク

都はるみ

女性演歌歌手

本名  北村春美

誕生日 1948年2月22日(69歳)

出身  京都府京都市 洛陽女子高等学校中退

都はるみさんは、お母様が芸能好きで、はるみさんが5歳の時から日本舞踊とバレエを習わせていたそうです。お母様が自ら浪曲と民謡を教えてもいました。今でいうステージママですね。

洛陽女子高等学校を中退した理由は芸能活動に専念するためで、

突然本人から学校長に「歌手になります!」と言って退学したのだとか。

当時そのように突然芸能を目指して進路を変える人は多かったようで、当時の校長も「まぁその中の一人だろう」としか思っていなかったとのこと。

デビューは1964年で、「困るのことヨ」。

同年にリリースした「アンコ椿は恋の花」がミリオンセラーの大ヒットとなりました。

それがきっかけで第六回日本レコード大賞では新人賞を受賞します。

中退した高校の先生たちもまさかここまで有名になるとは思わなかったでしょうね。

「はるみ節」と呼ばれる、うなり声のような力強いこぶしや、深いビブラートが独特で、日本を代表する女性演歌歌手となりました。

その後、1973年にサンミュージックプロダクションに移籍します。

1976年には「北の宿から」で」大18回日本レコード大賞、FNS歌謡祭最優秀グランプリなど様々な音楽大賞を受賞します。

1980年には「大阪しぐれ」で第22回日本レコード大賞と最優秀歌唱賞を受賞しました。

当時の日本レコード大賞で大賞、新人賞、最優秀歌唱賞の三冠を達成したのははるみさんが初めてだったとのことで、大変な快挙として話題になりました。

スポンサードリンク

その三冠を達成したのは、細川たかし、北島三郎、氷川きよし、近藤真彦という名だたる歌手の方たちばかりです。

しかしそんな人気絶頂のさなかの1984年3月に「普通のおばさんになりたい」と突然歌手を引退してしまいます。そしてこの年の紅白歌合戦出場を最後に一度引退することになりました。

その後充電期間を経て、1987年委音楽プロデューサーをして活動を再開します。

しかし1989年に美空ひばりさんが亡くなったことがきっかけに、歌手復帰を決心し,

その年の紅白歌合戦に出場。それ以来、今までの活動にとらわれず様々な作品を発表していきました。

2005年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2010年には紫綬褒章を受章します。

名実ともに日本に芸能を代表する人物になられました。

その後2015年ころからコンサート活動やテレビ出演も控えるようになっていました。いい詞に出会えればまた歌いたいとの意思もあるそうなのですが、今のところ公の場に立つ予定はないとのことで、芸能活動は完全に休止の状態になっています。

様々な音楽賞を受賞し、歌番組だけでなくドラマや映画でも活躍なさった都はるみさん。現在はご病気で療養なさっているという噂があるので調べてみました。

2013年には急性咽頭炎と急性気管支炎で緊急入院されています。

長年の歌手活動でのどに負担がかかっていたのでしょうね。日ごろからケアされていたと思いますが、疲れや年齢も関係あるのでしょう。

この時は1週間の入院生活をして退院されています。

しかしその後は特に病気との情報はありませんでした。

ただカメラの前から姿を消したというだけで、色々と憶測が飛び交ってしますというのは、有名人の大変な所ですね。

どうか元気に生活をされていることを願います。

またいい詞に出会えた時はテレビで歌を歌ってほしいですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする